就職活動を始めたばかりの頃は条件もいろいろあって、それに添った求人を探し始めます。中には自分の条件よりも良い内容の求人もあります。私は学生時代に就職するか進学するかで悩んだ時期がありました。結局最終的には就職することに決めました。その時に、もし就職するならこの企業がいいなと思う所に目星を付けていました。そこは大手企業で誰もが知っている有名企業です。

 

条件も良く、家からも通いやすい場所にあったので、漠然とそこに決めていました。しかし、実際に具体的に仕事を決める段階になり、就職担当の先生に相談したところ、コネも何もない状態では確実に落ちる、と言われました。そこで慌てて採用してくれそうな企業を探しました。締め切りギリギリだったので、考える余裕もなく、あっという間に就職先を決めてしまいました。

 

結果的には採用になったので良かったのですが、この時に初めて就職の難しさを知りました。その後の転職活動の時にもコネの問題があり、希望の仕事には付けませんでした。コネは表面上には見えませんが、水面下ではしっかりと結びつきあっているということを思い知らされました。必ずしもコネ入社の人が幸せな人生を送れるとは限りませんが、就職活動の時点で格差が起こっているのも事実だと思いました。