私が就職活動をしていた時、忘れられない思い出があります。友だちと、面接練習のような、就職活動を応援するセミナーに参加した時のことで、私にとって就職活動をしている同じ年代の人たちを見ることの出来た良い経験だったのですが、1人、すごく特徴のある女性が参加していました。彼女は帰国子女という強みを活かし、言いたいことをバシバシ言える性格のようで、代表1名が模擬面接をするのに立候補した程でした。

 

 

彼女は自分でも、「帰国子女」という英語が話せる、外国に住んでいた、という自信に満ち溢れていて、模擬面接でも臆することなく答えていました。しかし面接官役をしていたセミナー講師の先生が放った一言は「さっきから、海外が素晴らしいみたいな発言が目立つけど、ここは日本だよ。君はここ日本で就職活動をしてるんだよね?だったら言葉を変えた方がいい」でした。きっとそこの会場にいた皆が、彼女の自信に圧倒され、自分への劣等感でいっぱいだったと思います。しかしその先生が言った一言で場は一転。その後の同じテーブルに座っている人たちとの面接練習では、皆がいきいき話してるような気がしました。

 

 

就職活動では人と比べたり、自分に自信がなくなったりするものですが、自分がどこで何をしたいのか。その熱を活かしていけるかというのが大事なんだと学んだ気がしました。その後、面接に行った会社でたまたま彼女を見かけたことがありますが、あの自信満々で帰国子女という会社が欲しがりそうな人材の彼女もまだ必死に就職活動をしている1人なのだと思うと不思議な気持ちになりました。